Kenshiプレイ日記26 工学研究書を求めて・・・

ゲーム日記

今回も、前回からの続きで「工学研究書」を探しに遠征しています。

今、来ているのはスワンプ地方にあるシャークの街の西にある「失われた図書館別館」です。前回、探索した「失われた図書館」ではお目当ての「工学研究書」を見つける事が出来なかったので、今回の探索では見つかる事を祈っています。

シャークの街を出て、途中で泳いだりしながら湿原をちょっと進むと、「失われた図書館」に似た建物が見えてきました。恐らくあの建物が「失われた図書館別館」だと思います。

更に近くまでやって来ました。近くにスパイダーがうろついていますが、ちゃんと隠密行動をしているので大丈夫でしょう。

それでは、ドアをピッキングして開けます!

!?あれ?何で?ちょっ・・・・・・

スパイダーに見つかって襲われました・・・なんか、前回もこんな感じで四つんばいになっていたような・・・それに、隠密行動していたのに何で見つかって襲われたのだろうか?う~ん、まだスキルがたりていないのかな~?

気を取り直して、「失われた図書館別館」の中を探索して行きます!

探索の結果です、またもや「工学研究書」を見つける事が出来ませんでした・・・図書館にないって事は、工場跡か?でも、あそこは色々と危険だしな・・・

失われた図書館別館」での探索結果が余りにもショボく、このまま帰るのは悔しいので「失われた図書館別館」から更に南西にある遺跡に行ってみます。

おっ!見えて来ました、間違いなくあの建物の中に何かレガシー的なものがあるはずです!だって、「失われた図書館」、「失われた図書館別館」と形が同じなんですもの。

どうやらここは「第二研究所」という遺跡みたいです。

今回は、建物の周りをうろついているスパイダーに絡まれずに、建物の中に入る事が出来ました。早く移動出来るし、四つんばいじゃないってスバラシイ!

第二研究所」っいうくらいですから、今度こそ「工学研究書」そしてあわよくば「AIコア」があると期待したのですが「古代の科学書」とロボット関連の部品、医療品しかありませんでした。

ちなみに、建物の二階にはレベルの高い「研究台」や「ロボット部品工作台」などが揃っていました。(発電機が燃料切れで、電源の確保が出来ていませんでしたが)

スパイダー討伐さえ出来れば、この遺跡の近くに拠点を造るのもいいかもしれません?

荷物がいっぱいになったので、まだまだ他の場所を探索したいところですが、拠点に帰ります。

入手した「古代の科学書」で研究を進めていきます!

水耕栽培」も凄く魅力的な研究案件でしたが、今は食料には困っていませんので「鋼鉄地金」、「ロボット工学」、「ハープーン砲台(上級)」、「自動製粉」の研究を進める事にしました。

今回は、こんな所で失礼します。

タイトルとURLをコピーしました