皇帝ルルーシュの剣、ROBOT魂ランスロット・アルビオン レビュー

コードギアス

この前、「ランスロット」の紹介をさせて頂いたので、今回はコレクションの中からROBOT魂ランスロットアルビオンをデータを交えながらレポートさせて頂きます。

ROBOT魂コードギアス〔SIDE KMF〕ランスロット・アルビオン

全高約:12.5cm

[機体データ]

Zー01Z ランスロット・アルビオン

「ナイトオブセブン」となった枢木 スザクの専用機として、キャメロットで開発された「ランスロット」に変わる第九世代ナイトメアフレーム。後に、ルルーシュが新聖ブリタニア帝国第99代皇帝になりその際に枢木 スザク「ナイトオブゼロ」に任命され「ナイトオブゼロ専用機」と改めることになる。

ルルーシュにかけられた「生きろ」のギアスの効果により、覚醒状態になった枢木 スザクの超人的な操縦も相まって脅威的な戦闘力を誇る。

その結果、3機のラウンズ専用機体とその直属部隊を瞬札し、帝国最強の騎士である「ナイトオブワン」ビスマルクが駆る専用機「ギャラハッド」も一騎打ちの末に撃破している。

正面からです。

「ランスロット」とは違い、光沢がある素材になっています。

横からのショットです。

腕部と大腿部の「スラッシュハーケン」は収納型のようになっており、「ランスロット」のものよりスッキリしたデザインになっています。(展開時は、パーツの差し替えで再現となっています)

後からです。

[機体データ]

「ランスロット」よりも格段に気密性が増していて、海中での活動が可能になっている。

「エナジーウイング」展開時、「エナジーウイング」は根元のジョイント部分で動かす事ができます(ちなみに・・・プレス加工によりゼロコンマ台での薄さで再現しているそうです。)

[武装データ]

エナジーウイング

特派のセシル・クルーミーにより考案、開発された新型のフロートユニット。概存のナイトメアフレームを凌駕する超高速飛行能力に加え、ウイング部からの無数の刃状粒子を放つ砲撃、エネルギー翼で攻撃を弾く攻防一体の能力を備えている。非使用時には、コックピット側面に折り畳まれている。

[人物データ]

セシル・クルーミー

特派に所属する女性開発者。ブリタニア軍のフロートシステムの開発は、彼女が主導で行っている。

「ランスロット」より、腰部の関節は安定していてポージングはさせやすくなっています。

スーパーヴァリスは、ノーマルモードとフルバーストモードの二種類付属です。

[武装データ]

スーパーヴァリス

砲身が2連装化され、実弾のほかにハドロン砲の発射も可能にした「ヴァリス」の強化型ライフル。ノーマル型、ハドロン型、フルバースト型の3形態に展開できる。

大きくデザインされた肩と前腕が高級感を醸しだしています。「ランスロット」が普通のナイトなら「ランスロットアルビオン」はパラディンといった見た目だと思います。

以上、皇帝ルルーシュの剣、ROBOT魂ランスロット・アルビオンを簡単にレビューさせていただきました。

タイトルとURLをコピーしました