ROBOT魂 ヴィンセント指揮官専用型 レビュー

スポンサーリンク
コードギアス

前回レポートさせて頂いたヴィンセント初期量産試作型に続いて、今回はROBOT魂コードギアス[SIDE KMF]ヴィンセント指揮官専用型を、簡単なデータなどを交えながらレポートさせて頂きます。

ROBOT魂コードギアス[SIDE KMF]ヴィンセント指揮官専用型

全高:約125mm

[機体データ]

RPI-212A ヴィンセント(指揮官専用型)

ランスロットをベースに開発された試作量産型ヴィンセントの指揮官専用型の機体。機体スペックの高さから指揮官専用の機体として少数配備された。また背部にフロートユニットを装着することでヴィンセント・エアとしても運用可能である。

皇女コーネリアの親衛隊長として知られるギルフォードが愛用した機体でもある。

正面からです。

ヴィンセント初期量産試作型の、金、赤、グレー、を基調としたデザインに対して、こちらのヴィンセント指揮官専用型は、銀、紫、グレー、を基調としたデザインとなっています。

ヴィンセント初期量産試作型と同様に、ファクトスフィアの展開状態はパーツの差し替えによって再現可能です。

ん!?これは・・・塗装のし忘れでしょうか?

左側からです。

やはり、このヴィンセント指揮官専用型も全体の関節が緩いです。

右側からです。

そして、腕の関節が特に緩めでした・・・

なので、確証ではないのですがヴィンセント系のキットの腕の関節は、個体差ではなく元々緩いものなのかもしれません。

ニードルブレーザーは、パーツの引き出しによって再現可能です!

後ろからです。

コックピット後部の搭乗口は開閉可能です。

ハッチを空けると、連動してシートが少し引き出されて出るようになっていますが・・・あくまでも少しなので、手動でシートを引き出すといった感じになると思います。

斜め上からです。

ランドスピナーは、上下・・・

内側に少しだけ、可動可能です。

スラッシュハーケンは、こちらの差し替えパーツを使用して・・・

パーツ差し替えによって、スラッシュハーケン収納状態のこちらのモールド無しのパーツと・・・

スラッシュハーケン射出状態が再現可能となっています。

ハンドパーツは、通常、握り拳、開き手、武器用、の4種が付属しています。

武器パーツは、ヴィンセント初期量産試作型と同じ内容で、MVS刃パーツ×2、柄パーツ×2、MVS接続パーツ×1、といった内容です。

MVSの両手持ちと・・・

MVSナギナタ形態にして持たせることが出来ます。

ヴィンセント・エアの形態にするには、こちらのフロートユニットパーツをコックピットに取り付けることで再現可能となっています。

フロートユニットは、こちらの展開前の状態も再現可能です。

展開するとこんな感じです。

ヴィンセント初期量産試作型と同じで、関節の緩さに目を瞑れば・・・良いキットだと思います。

ただ、ポージングの際はストレスが溜まるかも・・・

以上、ROBOT魂コードギアス[SIDE KMF]ヴィンセント指揮官専用型を簡単にレポートさせて頂きました。

タイトルとURLをコピーしました